外壁塗装はDIYできる?工事の手順は?

投稿日:2022年12月22日

「外壁の塗装が剥がれてきた」「ひび割れがあるので直したい」と、DIYを検討される方も少なくないのではないでしょうか。

インターネットで『外壁塗装 DIY』で検索すると、沢山の情報が載っています。

DIYは気軽に始められますし、何より費用が抑えられるというメリットがあります。

 

しかし、本当にDIYで外壁塗装はできるのでしょうか。

DIYをするにしても、外壁塗装工事はどのような手順で行うのでしょうか。

この記事では、DIYのメリットやデメリット、工事の手順について詳しくお伝えします!

 

外壁塗装の手順

外壁塗装はDIYできる?工事の手順は? (2)

外壁塗装は「塗料とローラーがあればできる」というものではありません。

 

古く傷んだ外壁にいきなり仕上げ塗料を塗ると、傷んだ下地に塗料が吸い込まれたり、下地の上に汚れがあるので塗料がくっついてくれません。

また、ひび割れをそのままに塗装しては新しい塗膜の下でひび割れは広がってしまいます。

「こんな症状には要注意」は、こちらのページです。

 

では実際に外壁塗装をする際は、どのような手順で行うかをご紹介します。

 

①仮設足場

大抵の外壁塗装工事は2階以上の作業になり、高所なので足場が必要です。

 

足場があれば安定した作業場ができるので、作業の際に手元に集中することができ、工事の質が良くなります。

足元が不安定だと、手元に集中できず、それなりの仕上がりになるでしょう。

 

また、足場を組むと足場の周りに飛散防止ネットというメッシュシートを張ることができます。

これにより、ゴミや塗料が近隣に飛散するのを防ぐことができます。

 

②高圧洗浄作業

高圧洗浄機で外壁に長年蓄積した汚れを除去します。

 

汚れ、コケ、カビ、チョーキングの粉などをしっかり落とすことで、塗料が外壁にしっかり密着するようになります。

※チョーキングとは・・・外壁を触った時に手に粉が付く現象。塗装が劣化していることを表すサインの1つ。

 

③養生

窓ガラスや土間といった塗装しない場所をビニールシートなどで保護する作業です。

しっかり養生されていないと塗装をした時に塗料がはみ出て、ガタガタの仕上がりになってしまいます。

塗料がはみ出ないよう、ピッチリと養生するのがポイントです。

 

④ひび割れやシーリングなどの劣化補修

ひび割れや、外壁の継ぎ目にあるシーリングの打ち替えなど、傷んだ部分を補修します。

症状によって適切な補修方法が異なります。

 

⑤ケレン作業

鉄部のサビや、剥がれかかった塗膜をサンドペーパーや電動工具などで除去します。

また、鉄部のようにツルツルした部材は塗料が付きにくいので、わざと表面をザラザラと傷をつける目荒らしという作業も行います。

 

⑥下塗り

外壁塗装はDIYできる?工事の手順は? (3)

下塗りは仕上げ塗料とは異なる”下塗り材”を使用します。

下塗りの目的は、外壁と下塗り材の接着力を高めることや、傷んだ外壁に仕上げ塗料が吸い込まれてムラができるのを防ぎます。

ホワイトの下塗り材を使えば、一旦、外壁を真っ白にして仕上げ塗料の発色を良くするといった効果もあります。

 

⑦中塗り

仕上げ塗料は基本的に2回に分けて塗装し、その1回目を中塗りといいます。

2回に分けて塗装しなければ、どんなに熟練の職人であっても均一な厚みの塗膜を作るのは困難で、ムラができてしまいます。

そうなれば見栄えが悪いばかりでなく、耐候性の高いところと低いところができてしまいます。

 

また、塗料には塗料メーカーによって基準塗布量や塗装回数などが定められています。

仕様通りに塗装しなければ塗料が持つ耐候性や低汚染性などの機能を発揮することができません。

 

⑧上塗り

仕上げ塗料の塗装2回目です。

最終的に目に触れる塗装なので、細心の注意を払って塗装します。

塗りムラや塗り忘れがないよう、よく確認します。

 

以上が大まかな塗装工事の流れです。

1つ1つが大切な工程で、どれも欠かすことはできません。

 

DIYでこれだけの作業をするとなると、大変な勉強をする必要があります。

材料の選び方、症状ごとの適切な補修方法、養生の仕方なども学ばなければありません。

 

DIYのメリットとデメリット

DIYにはどのようなメリットとデメリットがあるかを解説します。

 

DIYのメリット

・費用を安く抑えられる

外壁塗装を業者に依頼すれば、一般的な大きさのお住まいで約60~100万円かかります。

DIYで材料や工具を買い揃えれば、物にもよりますが約50万円ほどで済むでしょう。

 

・好きなタイミングで塗装できる

業者に依頼するとなると、工事スケジュールを調整しなければなりません。

人気のある塗装店なら予約待ちになるかもしれません。

DIYではそのような心配はありません。

 

DIYのデメリット

・事故の危険を伴う

外壁塗装は高所の作業になるので、高い所から落下すると大けがや命に関わる事故にもなりかねません。

また、塗料は完全に無臭のものはないので塗料の臭いによって体調を崩す可能性もあります。

 

・失敗する可能性がある

外壁塗装は専門的な知識が必要なので、知識が浅いと失敗する可能性があります。

失敗することで塗料を買い直したり、厚みがどんどん増すこともあるでしょう。

DIYをしたことによってかえって見た目が悪くなったり、結局業者に依頼して補修箇所が余計に増えることも考えられます。

 

広島市の外壁塗装はK’S CREATEへお任せください!

外壁塗装はDIYできる?工事の手順は? (1)

外壁塗装は意外と専門的な知識や技術が必要な工事です。

当社ではお住まいの状態を拝見し、適切な施工内容や塗料を提案させていただいています。

調査・見積もりは無料ですし、その後のキャンセルもOKです。

まずは調査・見積もりをしてからDIYにするかご検討いただくのも良いのではないでしょうか。

大切なお住まいの為にも、慎重にご判断いただければと思います。

無料調査・お見積りのご依頼はコチラ

 

広島市の外壁塗装、屋根塗装、防水工事、住まいの塗り替えリフォーム専門店【K’S CREATE】広島市、三次市、福山市、廿日市市、安芸高田市他、広島県全域対応

 

−N−


広島県広島市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
株式会社K'S CREATE
https://hiroshima-toso.com/
住所:広島県広島市安佐北区落合南5丁目1314-7

お問い合わせ窓口:050-7587-6180
(9:00~18:00 土日祝も対応 )

対応エリア:広島県広島市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://hiroshima-toso.com/case/
お客様の声 https://hiroshima-toso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://hiroshima-toso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://hiroshima-toso.com/contact/


広島県の施工事例

広島市、三次市、福山市、廿日市市、安芸高田市他、広島県全域対応の地域密着施工!
ご依頼ありがとうございました!

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics